SSブログ

K2 非情の頂 [ヒマラヤ]

「K2」それは標高8,611mの世界で2番目に高い山。岩と雪の巨大なピラミッドとも言えるその山は、急峻な地形と不安定な天候から多くの登山者の挑戦を退けてきました。その困難さはエベレストをしのぐもので、4人に1人が亡くなっているというデータもあります。初登頂されたのが55年前の1954年7月31日イタリア隊によるもの、第2登は1977年8月8日の日本隊によるものです。

場所は最近ニュースにもなっている新疆ウイグル自治区とパキスタンの国境、カラコルム山脈に位置します。大雑把に言ってしまえばインドの上の地球のしわです(8000m峰と7000m峰はここにしかありません)。K2のKはこのカラコルムのKで測量番号がそのまま名前になってしまったのです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、この本はK2に登った5人の女性達の人生を描いたノンフィクションです。執筆された時点でK2に登頂した女性はたったの5人でした。そしてそのすべての人が8000m峰で亡くなっていたのです。女性の初登頂はポーランドのWanda Rutkiewiczで1986年のこと、しかしその陰には「ブラック・サマー」と呼ばれる大量遭難の悲劇がありました。

8000m峰へ登るという情熱は今でも並大抵のものではありません。技術的にも資金的にも人生を山に賭けなければできないことです。さらに女性ならではの身体的ハンデを乗り越え、それにもまして差別とも言えるような社会的なハンデを乗り越えて登頂を成し遂げたのです。同じ登山をしても女性は「家庭を顧みないで」とすぐに非難の対象になってしまうことなど、著者の男性登山家に対する批判は痛烈でかなり手厳しいです。

経験が少なくてもスポンサーがついてしまって、持てる力以上に無理をせざるを得なかった状況が事故を招いてしまっているのではないかというような考察がありました。個人的には女性はとても忍耐強いのではないかと思います。山を登っていても先に音を上げるのは男性諸氏だったりします。我慢のしすぎは気をつけなければなりません。

K2の呪われたジンクスは破られています。2004年にスペインのEdurne Pasaban、2006年にはイタリアのNives Meroi と日本の小松由佳(日本人女性初登頂)、2007年に2人、2008年に1人と計11人の女性が登頂を果たしています。


K2 非情の頂―5人の女性サミッターの生と死

K2 非情の頂―5人の女性サミッターの生と死

  • 作者: ジェニファー ジョーダン
  • 出版社/メーカー: 山と溪谷社
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本


***参考リンク***
小松由佳さんが隊員として参加した記録はこちら⇒Web『東海大学K2登山隊2006』
書籍では 『K2 苦難の道程(みちのり)―東海大学 K2登山隊登頂成功までの軌跡』

1986年のK2の大量遭難「ブラック・サマー」の記録はこちら⇒書籍 『K2嵐の夏』


nice!(30)  コメント(12) 
共通テーマ:
ブログ村へ

nice! 30

コメント 12

にごろ

別名、ゴッドウィンオースチン山でしたよね。
by にごろ (2009-07-31 07:44) 

mikanchan

K2、スキー板のメーカーだと思いました^^;
私の板はK2です(笑) ずっと使ってませんが…
カラコルム山脈のKですね。勉強になります^^
by mikanchan (2009-07-31 18:01) 

hir

女性の8000m級の登山家がいたんですね、、、
知りませんでした すばらしいですね
でも、いろいろと裏話もあるんですね、、、

確かに、女性の方が忍耐強いですよね
しかも、女性の方が知的だと思います!
男はだめです、、、私に限ったはなしですが、、、
by hir (2009-07-31 18:07) 

ヴィトゲンシュタイン

「K2」って映画がありましたね。
そのキーワードで喰いつきまして、初めてお邪魔しました。
しかし、とても素敵な本のレビューです。
本当に読んでみたくなります。


by ヴィトゲンシュタイン (2009-07-31 22:02) 

montblanc

へにごろさん
Mt.Godwin Austenは初期に探検した人の名前からですね。
他にバルーチ語で「大きな山」を意味するチョゴリ(Chogori)
などいくつかローカル名がありますが、K2が一番通っているようです。

ヘmikanchanさん
ちょっと気になって調べてみたのですが、
アメリカのスキーメーカーK2の由来は
この山の他に創業者がBill and Don Kirschner兄弟で
その苗字のKでもあるようです

へhirさん
エベレストに世界で最初に登頂した女性は田部井淳子さんで1975年のこと。
日本人女性だけでエベレストに11人登頂しています(2009年5月現在)。
1986年のK2の遭難では女性登頂者3人のうち2人が下山中に遭難しています。

へヴィトゲンシュタインさん
ありがとうございます。
ドイツが威信を賭けて登った8000m峰はナンガ・パルバット。
アイガー北壁初登も有名です。国威を揚げて登っていた時代がありました。
by montblanc (2009-07-31 23:13) 

yamachan

2番目に高い山か~トリビア~オイオイ

お祝い、ありがとうございます。
by yamachan (2009-08-01 05:35) 

エリザベート

すごい女性の話を聞くとなぜか『私も何かしたい・・!』って、思いますよね^^; 読んでみたいですね・・この本!!
by エリザベート (2009-08-01 09:12) 

リュカ

女性の登山家が居たこと知らなかったです。
すごいですねー!
私は職場の食堂(4Fにある)いくために
階段をのぼるだけでも、動悸・息切れ・めまい・・・だめだこりゃw
by リュカ (2009-08-01 21:43) 

montblanc

へyamachanさん
地球上の8000m峰は14です!
誕生日って山に例えるとどの辺なんでしょうね(^^)

へエリザベートさん
それは素晴らしいです!
この著者も女性です。この本を書くための彼女の取材もすごいです☆

へリュカさん
女性の登山家、男性にも負けていません☆
4階分の階段はキツイですよ~
そのうちばっちり体力がついて登山家になっちゃったりして?
by montblanc (2009-08-03 05:11) 

ホシ

K2って山だったんですね。
なんかアイドルっぽくないすか?(アホ過ぎでごめんね)
女性の登山家、気にしたことなかったなあ。
by ホシ (2009-08-03 14:11) 

montblanc

へホシさん
イケメンの男性アイドルデュオ?
日本にもすごい女性登山家いますよ~♪
by montblanc (2009-08-04 22:06) 

バーバリー アウトレット

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)
by バーバリー アウトレット (2013-07-31 20:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
   最新記事のまとめ読みと
   So-net以外のRSS登録▽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます